単身赴任の実状はどうなってるの?家族への影響や法律上の問題点を学ぼう!

2019年6月27日 at 5:16 AM by admin


単身赴任は年単位の滞在もあり得る

仕事の都合で現住所とは異なる地域に移住する必要が生じた場合、家族持ちの社員であれば単身赴任という選択肢があります。通常の転勤であれば家族も居住地を変えることが多いですが、配偶者の交友関係や子供の学校など、様々な事情で家族全員での引っ越しが困難なことも少なくありません。単身赴任であれば自分だけが転居すれば済む話なので、家族に迷惑がかからない利点があります。その一方で単身赴任は明確な期限が存在せず、場合によっては年単位での別居に至ることも決して珍しくありません。現在は価値観の多様化によって、仕事よりも家族との触れ合いを優先する考えが増えていることから、長期間の単身赴任が行われるケースは減少傾向にあります。しかし、単身赴任というシステムが無くなったわけではないので注意が必要です。

住民票の異動は状況で変わることを把握する

転勤に伴う家族全員での引っ越しであれば普通に住民票を異動させることになりますが、自分だけが居住地を変える単身赴任については状況で異動の可否が変わります。住民票の異動については転居した先で一年以上の居住が見込まれる場合において義務が発生するので、予定が明確であればその内容に応じて手続きの有無を判断することは容易です。しかし、滞在期間がはっきりしない場合は判断が難しいので注意する必要があります。特にビジネスホテルのような宿泊施設を長期間利用するケースでは滞在期間を明確に判断するのが非常に困難です。法律上のトラブルを避けるため、必ず会社に滞在期間を確認して適切な対処を取ることが必要になります。

単身赴任の家具選びについては赴任先での生活を考慮し、一人用の小型サイズの製品が無難です。特に組み立て式の家具なら安価で購入できるうえに屋内への持ち込みが容易な他、不要になったら簡単に廃棄できます。

お知らせ

Calendar

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031